LOADING..

ハーフ成人式のお役立ちコラム

ハーフ成人式って何?お祝いの内容と記念撮影について詳しく解説!

最近よく耳にする『ハーフ成人式』。実はあまりよく分かっていないお父様やお母様が多いのではないでしょうか。そんな皆様に、ハーフ成人式をより良い式にするためのポイントをまとめてみました。これを読めばお祝い方法や撮影方法が分かること間違いなし!

 

①ハーフ成人式とは何?

②ハーフ成人式はどの時期の行事なのか?なにをするの?

③ハーフ成人式の記念に撮影がおすすめ!

④撮影の時何を着たらいい?どんな衣装があるのか?

 

①ハーフ成人式とは何?

ハーフ成人式とは、元となる「成人式」の半分である10歳になったときに行われる行事です。2/1成人式とも呼ばれます。成人式の場合、各自治体が主催。一方、ハーフ成人式では小学校の学校行事として、家族へ今までの感謝の気持ち伝えたり、今後の未来に向けて将来のことを考えたりする行事です。

 

また、最近では10歳まで成長できた節目として、家族でお祝いする方々が増えてきております。家族でハーフ成人式のお祝いをするときは、産まれてきてから10歳になるまでの成長過程を写真で振り返ったり、親から子へ又は子から親へお手紙を渡したりして、家族の絆を深める家族も増えているようです。

 

②ハーフ成人式はどの時期の行事なのか?なにをするの?

小学校4ハーフ成人式の内容はそれぞれの学校によって異なりますが、大半の学校では保護者様が参観・参加型の行事となります。

主な行事内容は、以下のものが挙げられます。

 

・お母様・お父様への感謝の手紙

・自分の将来の夢について

・10年後の自分への手紙

・「2分の1成人証書」の授与

・合唱

 

 

また、中には「親から子供への手紙」として、保護者様がお手紙を書くケースも。その手紙の内容としては、以下のようなものを学校から指示が出て、依頼されることがあります。

 

・出産した時の話

・名前の由来

・小さい頃どの様な子供だったか

・10歳になった子供の良いところ

・これから頑張ってほしいこと

・どんな大人になってもらいたいか

 

学校行事を通して、発表しているお子様の姿を見て成長を実感したり、お子様から親への直筆の手紙をもらうことにより、感動したり喜ぶ保護者様も多いです。

 

10歳という年齢は思春期ということで、親と子供の間にすれ違いが生じるケースが多くあります。

しかし、そのような時期に学校行事を行うことで、家族とコミュニケーションが増えるきっかけになり、満足される保護者様が多いようです。

 

③ハーフ成人式の記念に撮影がおすすめ!

学校行事だけではなく、

 

ハーフ成人式の撮影は七五三の次の撮影ということで、また一段と変わった姿を写真で納めることが出来るのが人気ポイントです。七五三の時はなかった恥ずかしさや大人っぽさのある時期だと思いますが、少しあどけなさの残る可愛い笑顔と一歩大人に近づいた姿を残すことができます。

 

④撮影の時何を着たらいい?どんな衣装があるのか?

近年ではハーフ成人式の撮影で様々な衣装を着て撮影される方が多くいます。10歳になると自分をどう表現したいか、どの様に見せたいか・見られたいかを気にするお年頃です。お子様の好みの衣装を着て、記念写真を撮ってみてはいかがでしょうか?

 

では、撮影で人気の衣装をご紹介します。

 

  • 着物・ハイカラ・袴

着物を着て撮影するのは、女の子・男の子共に人気です。20歳に行う成人式が着物を着て撮影する方が多いこともあり、女の子は着物を、男の子は袴を着て撮影されるのが人気です。しかし、女の子は七五三の7才の時と変化をつけたいということで、女の子が袴を履いた『ハイカラ』で撮影される方もいます。着物は様々な柄やデザインがあり、10歳の時に好きだった自分の好みを衣装で残せるポイントかもしれません。

 

  • ドレス・タキシード

ドレスは年齢問わず、女性に人気で魅力のある衣装です。華やかなドレスを着て、キラキラ輝くアクセサリーを身につけながら、まるでプリンセスの気分を味わうことが出来ます。タキシードはクールな装いでかっこよく決まります。シンプルで落ち着きのある衣装もあれば、様々なカラーやデザインがあり、個性が出てオススメです。

 

  • ユニフォーム

10歳の年齢だとスポーツチームに入っている子や、習い事を始めている子が多くいる年齢です。ハーフ成人式記念として『今』熱中しているスポーツチームのユニフォームや、習い事で着ている服・衣装などを着て、実際に使っている道具や記念品と一緒に撮影することも人気です。中々ユニフォームの撮影を写真で残す機会がないと思いますので、良い記念として写真という形で残してみてはいかがでしょうか。

 

  • 私服

私服での撮影の場合、普段通りの自然な表情で撮影することが出来ます。また、私服を着てお気に入りの物と一緒に撮影することもオススメです。小さい頃から大切にしている物や、思い出深い物と一緒に撮影することによってまた何年後かに振返ったときに10歳の時の容姿と10歳の時のお気に入り物を同時に振り替えられて懐かしく思えるのではないでしょうか。

 

以上のように10歳の記念として様々な衣装の中から選び、写真を残すことが出来ます。

 

小学校に入ると習い事やスポーツチームに入るお子様が増えて忙しいお子様が多いと思います。そんな時こそ、いい機会としてハーフ成人式の撮影をしてみてはいかがでしょうか?

きっと成人を迎えた頃に「あれから10年経ったんだ・・・」と、より深く自分の成長を実感しながら成人式を迎えることが出来ると思います。

当ブログでは、おすすめの写真スタジオもご紹介しております。ハーフ成人式の記念写真を撮りたいと思った方は、下記ボタンからおすすめの写真スタジオをご確認ください。

 

 

ハーフ成人式プランについて