LOADING..

お宮参り・百日祝いのお役立ちコラム

コロナ禍でのお宮参りどうしてる?お悩み解決!

こんにちは!

「コロナ禍でのお宮参りや写真撮影はどうしたらいいのだろうか?」

実は、こんなお悩みの方が続出中なんです!

 

当ページでは、お子様が生まれてもうすぐ1か月、お宮参りが近づいてきた方へ。どうするか悩んでいる方にとって、必要な情報をご覧いただきます。

 

具体的に言いますと、「コロナ禍でお宮参りはみんなどうしている」、あるいは「コロナ禍でのお宮参りと写真撮影は何に気を付けたら良い?」、「お宮参りの写真撮影について」という内容まで紹介。

 

コロナ禍でのお宮参りについて

 

そもそもお宮参りとは・・・とはといった基本的な情報も掲載しています。

 

このページを見れば、お宮参りの歴史と詳細、お参りの内容、写真撮影の内容や衣装の種類を知っておくようになること間違いなしです。

 

それでは早速 お宮参りの基本的な内容や歴史を知り、コロナ禍でお宮参りをするか写真撮影だけにするか答えを出して、これからに備えているように順を追って見ていきましょう。

 

 

そもそもお宮参りとは?

お宮参り赤ちゃん

 

「お宮参り」とは 日本に古くから伝わる歴史的な通過儀礼です。

赤ちゃんが無事に誕生してから1か月を過ごせたことに感謝と、健やかな成長を祈り、土地に宿る神様にご報告する行事です。

お参りを希望されている方は、自宅から近い神社や小さい頃からご家族で思い入れがある神社にするのも良いでしょう。

お宮参りの時期については 古くからの習わしでは男の子は生後30日目もしくは31日目、女の子は31日目もしくは33日目に行う行事とされていますが、地域や時期によっては生後100日目頃に行うこともあります。赤ちゃんにとっては初めての遠出になる方もいらっしゃいますので、赤ちゃんやお母様の体調を考慮して日程を決めると良いでしょう。

型コロナウイルスの影響で、現在はお宮参りのお祝いの仕方も変化して来ていますので、参考になれば嬉しいです!

 

コロナ禍でのお宮参りと写真撮影 何に気を付けたら良い?

 

一番の注意は赤ちゃんやご家族の健康を守ることです。
お母様も出産後の体、体を休めることが大切な時期です。

日本小児科医師会では特に2歳未満の乳幼児のマスク着用には以下のようなマスクの危険性を訴えています。

乳幼児は、自ら息苦しさや体調不良を訴えることが難しく、自分でマスクを外すことも困難です。正しくマスクを着用することが難しいため、感染の広がりを予防する効果はあまり期待できません。むしろ、次のようなマスクによる危険性が考えられます。

 

乳幼児のマスク着用の考え方

引用元:日本小児科医師会 乳幼児のマスク着用の危険性について

・呼吸が苦しくなり、窒息の危険がある。
・嘔吐した場合にも、窒息する可能性がある。
・熱がこもり、熱中症のリスクが高まる。
・顔色、呼吸の状態など体調異変の発見が遅れる。

 

お参りで外出をされる際には 外出する際は3密(密閉、密集、密接)を避け、訪れる神社やお店のコロナ対策を事前に調べたり、心配なことはお問い合わせをしたりしておくと良いでしょう。

また写真撮影も、3密にならないように室外のロケ撮影をご希望される方も増えています。

短い時間でも、来られなかったご家族には動画や写真でお参りの様子を報告するなど、大切な赤ちゃんの節目の時間をご家族で共有することもお勧めです。

 

 

お宮参りの撮影について

 

赤ちゃんは毎日成長しています。コロナで心配と悩んでいるうちに、赤ちゃんが成長してお宮参りの写真撮影をするタイミングを逃してしまったという方も多くいらっしゃいます。
お参りが難しい方は、ぜひ写真撮影だけでも残してください。生後1か月くらいの可愛い手や足、あくびをする姿、乳児湿疹も今だけの貴重な姿です。
※天使の森では乳児湿疹は、ご希望の方にはお選びいただいたカットを、修正をすることも可能ですのでご相談ください。

 

和装の場合、撮影時の赤ちゃんの衣装は、まず初めに「白羽二重(しろはぶたえ)」という白い着物を着て、その上に「一つ身」「掛け着」「産着」「初着」と呼ばれる3才の七五三でも使用する着物を赤ちゃんにかけます。ご姉妹、ご兄弟が使用した衣装を利用できます。また和装をお持ちでない場合はレンタルすることも可能ですし、セレモニードレスでも大丈夫です。

 

赤ちゃんの衣装も和装やセレモニードレス、さまざまな種類があります。

【女の子向け和装】

赤い着物の女の子の赤ちゃん

 

【男の子向け和装】

青い着物の男の子の赤ちゃん

 

【赤ちゃんのセレモニードレス】

セレモニードレスを着た赤ちゃん

 

【ご家族での着物姿】

ご家族全員で和装を着たお宮参り

お宮参り・百日祝いの衣装ギャラリーはこちらから

 

 

写真写りやお顔に合う色、家族でのコーディネートなど、ご家族で話す時間も楽しいですね。

コロナ禍でなかなかお会いできない祖父母様へ、ご報告も兼ねてし撮影した写真のデータやアルバムをお送りするのもお勧めです。

 

まだまだ新しい生活様式を取り入れ注意が必要ですが、お子様の成長を祝いして、写真を残したい気持ちはいつの時代も変わりません。
私達は家族みんなの思い出に残るお祝いができるよう、できる限りの対策をしながらお客様が安心してお宮参りのお祝いが出来るよう、毎日安全対策をしております。

 

お宮参りの撮影予約はネットからも受け付けておりますので、お問い合わせください!
24時間受付中、ネットからの撮影予約中!

お宮参り・百日祝いプランについて

お宮参り・百日祝いのお役立ちコラム一覧