LOADING..

スタッフブログ

令和元年 和装フォト婚

皆さま お元気ですか?

佐野オリヴィエ さとうです。
IMG_7853

 

新元号が「令和」に決まって、
漢字の持つ意味などをテレビや新聞で知りました。

なかなか奥深いですね。

 

私が気になっていたのは「令」の字!
フォントによっては「令」にならないものもあり
ちょっと、心配していたのですが
どちらも間違いではない!とテレビで解説!

ひとり「ほっと」しております。

 

 

では本日ご紹介するのは、和装フォト婚です。

Wd001n_0085

結婚式の和装花嫁衣裳にはメッセージが込められています。

 

和装には白無垢、色打掛、引き振袖と大きく3つありますが

一番格上なのが白無垢といわれています。
頭のてっぺんから足の爪先まですべて真っ白。

 

そして、花嫁の頭をすっぽり覆う白い頭巾のようなものを
「綿帽子」といいます。

綿帽子には、挙式が済むまで新郎以外の人に顔を見せないようにする
という意味合いがあるようで、
初々しさと奥ゆかしさ・・・を感じます。

 

色にも意味があって
白は、清浄潔白、嫁ぎ先の家風に染まる。
赤は、内に秘める情熱、一生懸命お仕えする決意。
黒は、嫁いだ後に他の色に染まらない。

 

もしかすると、
嫁ぐ、お仕えする、家風なんて言葉は
時代錯誤かもしれませんね。

 

でも、漢字に意味があるように
花嫁衣装にも意味があるんですね。

ちょっとだけ、心にとめておいてください。

 

もうすぐ、令和!
令和元年 和装フォト婚いかがでしょうか(^^♪

 

スタッフブログに戻る